2012年8月6日

グラトラよ、さらば。そして新・相棒、DSC400到着!

今日のお昼に、グラトラと完全にお別れしてきた。結局、バイク屋までグラトラに乗って行き、交換でドラッグスターを持ってきたって感じ。なので、最終的なグラトラのメーターはこんな数字になった。
もう、お別れはしたので、特に感傷に浸ることもなく、新しい相棒を早くGETしたいだけだった。

リザーブの調子が悪いので、ガソリンは280kmくらいで入れなきゃいけない。よって、211kmだったらまあ、残りのガソリンももったいなくない数字だな。
バイク屋に着いて、とりあえず外のバイク置き場にグラトラを置く。隣もグラトラだった。ただし、完全ノーマルボディ。ノーマルのタンクのがカッコイイんだけど、5Lくらいしか入らないから、長距離や高速はツライんだよね。その点俺のはGN125のタンクに替えてあるから10Lは入る。


そしてドラッグスターを手に入れた!ホンダラはレベルが上った!幸せ度が2上がった!攻撃力が4上がった!素早さが3下がった!

ドラッグスターの400はシャフトドライブなので、クセがあるとは聞いていたが、本当に慣れるまでは難しい。バイク屋から家までに2回エンストした。慣れなきゃね。

夜になって、オークションで落としておいたパーツの取付を開始。今回取り付けるのは

  • サドルバッグサポート(KIJIMA製)
  • キャリア付きバックレスト(取り付けステー付き)
  • サドルバッグ(デグナーNB-4F)
まず、リアフェンダーとボディをつないであるサイドステーのボルトを外す。うっかり両側とも外してしまったので、重い鉄製のリアフェンダーがガツンと落ちてしまい、慌てて片側にボルトを挿してホールドすることに。
昨日の段階でバックレストは組み立てておいたのだが、あまりの重さにこのままでは取り付けられないと悟り、再分解した。以下の順序で組み立てた。残念ながら、工程の写真は撮らなかった。面倒だし。

  1. サイドステーの上にバックレストステーを重ね、サドルバッグサポートの前方に付属のボルト(ちょい長いもの)を差し込み、フェンダーを持ち上げながら穴に挿す。ホールドしたままフェンダーの裏側にナットを差し込み仮止めする。
  2. 後ろ側も同様にして止める。
  3. 左側はヘルメットホルダー(使えなくなるが)があるので、バックレストステーを上方に上げたままで仮止めする。
  4. タンデムシート用のベルト(手綱みたいなの)をつけるのを忘れたので、前方のボルトを緩めて再度付け直す。
  5. 4本のボルトを完全に締め込む。
  6. バックレストとキャリアをステーに重ねて、付属のボルトとナットで固定。2人で作業すれば簡単なのだが、一人でやると結構大変だった・・・。
  7. タンデムシートを外す。後ろ側のナットを外すだけで簡単に取り外せた。
  8. サドルバッグをリアフェンダーの上に置き、左右のバランスを取った後、タンデムシートを再度取り付ける。かなり押し付けるようにしないとバッグの厚みで止められない。
  9. 終了!

ついでに、ドリンクホルダー代わりのシザーケースを左サドルバッグ前あたりに取り付ける。ハンドルがいいのだけれど、あまりごちゃごちゃするのはかっこ悪いしな。
ってことで、タンデム前の手綱にインシュロックを通し、そこにカラビナを引っ掛けた。

残りはスクリーンだけど、もう疲れたしそんなに急がないので今日はパス。
明日はお祓いを兼ねて初ドライブだぜ。




0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...